ジュエリーの修理
 








切れてどこかへ行ってしまわないようにパーツ同士を繋ぐ
マルカンと呼ばれる小さな「わっか」が開かないように溶接します。

しかしネックレスなどは着用中、何かに引っかかったりすると
「うっ・・・・!!」っと首が絞まってしまうので
マルカンはひとつだけ開いて切れるようにしておかないといけない
と、教わった事があるような、ないような。






修理 サイズ直し - -
アンティーク家具 取っ手修理
 銅の丸棒から取っ手を作ります。
 金槌でガンガン叩いたり、曲げたり。 



 銅は粘りがあるので延ばしたり、曲げたりしても大丈夫。
 真鍮は粘りがないので多分、折れます。
 こんなふうに・・・。


 引き手の受け金具は旋盤で作ります。
 切削するには粘りのない真鍮がナイスです。

 引き手をヤスリなどで整え、タガネで模様を彫りこむ。
 着色してオリジナル金具とドッキングしたら完成。


修理 サイズ直し - -
家具の取っ手制作
 削り出した真鍮の受け金具にネジを切ってます。


 そしてこの受け金具用の引き手を鉄で。
 ガスバーナーでゴーっと火を当てます。
 鉄は熱いうちに打て!とは良く言ったもんで、熱いうちに曲げます。

 サイズ調整、塗装などを施して・・

 ピカピカのネジが付いてるものが今回作った物。
 プラスのなべネジを付けましたが
 オリジナルの金具はマイナスのネジです。

 ホントはマイナスの方が断然、格好良いのですが
 手に入りません・・。

 他の金具制作は次回の投稿で。
修理 サイズ直し - -
金具制作
 旋盤という機械を使ったりします。
 これに真鍮の棒を挟んで
 グルグル回してドリルでネジ穴をあけます。
 旋盤を使うと簡単にまっすぐ穴をあける事ができます。 

 
 糸鋸で切り取ったパーツを今度は逆に挟んで
 グルグル回しながら頭を丸めるようにヤスリをかけると・・・

 あっという間に3つ出来ました。
 側面に穴をあければ完成。

修理 サイズ直し - -
家具の取っ手
 古い家具の修理をする際、
 取っ手などのオリジナルの金具が
 なくなっていたり、壊れていたら・・

 手に入る別デザインの既製品を使うか、
 オリジナルと同じものを作るか・・

 LABOUR&WAIT さんからの依頼。

 オリジナルが良いに決まってますよね。
 作ります。直します。

修理 サイズ直し - -
石付きリングのサイズ直し
 トルコ石などが留めてあるリング。

 BBKの商品ではありませんが
 サイズ直しの依頼を受けました。
 
 #21.5 から #20 にサイズダウン。
 糸ノコギリでギーコギーコと1.5mm切り取ります。

 熱が伝わると石が割れてしまうので
 濡れティッシュで断熱してゴーッと溶接。

 

 溶接箇所はキレイに整えた後で
 小キズを付けて全体の雰囲気と馴染ませます。
修理 サイズ直し - -
サイズ直しについて

 もし、ご購入いただいたリングのサイズが合わない場合、
 一週間以内にご連絡頂ければ、無料でサイズ直しを承っております。
 
 ※商品到着後、一週間以内のご連絡が必要となります。
 ※往復送料はお客様負担となります。
 ※リングのサイズ直しはBBKの商品に限ります。
 ※デザインによってはサイズ直しできない商品もあります。


修理 サイズ直し - -
虎の爪
 虎の爪のペンダント・トップ。

 爪、内側の根本から先端にかけてのパーツが外れて
 紛失してしまったという事で 修理依頼を受けました。

 18金の薄い板の先端を傘状にして
 内側のカーブにピッタリ沿うように曲げて貼りました。



 現在では禁止されていますので
 うっかり、トラ狩りに行くと大変な事になってしまいます。
修理 サイズ直し - -
<< | 2/2 |